空母瑞鳳の生涯 ─われ等かく闘えり─
空母瑞鳳の生涯 ─われ等かく闘えり─
¥2,800(税別)

桂 理平 著
霞出版社 発行

 昭和15年暮れ産声を上げた「瑞鳳」は、わずか4年弱の短い一生を東奔西走、正規空母に劣らぬ働きをした強運艦としてその最後を遂げた。ハワイ真珠湾攻撃には直接参加しなかったものの、その後の多くの海空戦を戦い抜き、勇戦奮闘し、最後は祖国の存亡をかけた捷号作戦に出撃、死を覚悟の囮艦隊の一艦として、圧倒的な米機動艦隊を引き寄せ、獅子奮迅の働きの後、昭和19年10月25日15時26 分、多くの将兵と共にルソン島エンガノ岬東北東約280マイルに海没した。

数量